ライフスタイルに合わせて学べる!心理学の学び方

身近な存在の心理学!

雑誌で心理テストの特集が組まれたり、学校・職場ではカウンセラーが配置されるなど、今や心理学は身近な存在ですよね。

心理学は人の心理だけではなく、気付かなかった自分の心理も知ることが出来るので、心理学を学んでみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

独学や通信講座が便利

学生の方は進路として大学を選ぶことができますが、社会人の方や主婦の方などにはまずは、専門書を読んで独学で学ぶという方法があります。

初心者向けのものから専門的なものまで、様々な本がありますので、自分が学びたい分野や興味のあるジャンルなどの本を熟読して、独自で勉強をします。この方法であれば、自分の好きな時間に好きなだけ学ぶことができるので、仕事や家事などに影響を与える心配もありません。

また、自分の時間に学べるというメリットがあるのは、通信講座も同じです。

独学で学ぶには自信が無い方に向いている方法で、基本的な心理学から始めることもでき、学習が深まればさらに専門的な分野にもチャレンジすることも可能、分からないことに対してもサポート体制が整っているので安心して学ぶことができます。

資格を取るには条件がいる!

では、心理学の資格をキャリアアップや職業として取りたい時はどうすれば良いのでしょうか。

独学では資格取得は望めませんが、通信講座では規定の学科をクリアすれば、メンタル心理カウンセラーやメンタルケアカウンセラーなどの資格を取得することができます。

なお、臨床心理士などの資格を取得したい方は、通信過程で学べる大学に通ったり、大学院の修了、認定試験の合格などの条件を有しますので、自分がどの分野の心理学を学び、資格を取得したいのか、しっかりと計画を立てて学ぶことをお勧めします。

心理学の大学は、全国に300校以上。「心理学部」のほか、「人間学部」、「社会学部」などでも学ぶことができます。文系の学部ですが、実験や統計などの授業もあり、理系の知識も必要です。