ファクタリングに因る資金調達の基礎的知識

ファクタリングの特徴と手数料

ファクタリングは、会社が未回収の売掛債権を売り払ってキャッシュに換える方法です。 払われるまで時間がかかってしまう売掛債権を前倒しによってキャッシュにできることから、資金繰りを良くすることができるのが特色になります。 因みに、売り渡した債権に対して責任を持つ必要はありません。 審査によって安全性をチェックした上で利用するので、売掛先が破綻して回収不能になった場合でも、それを払う義務はありません。 負債の取り扱いにならないことから貸借対照表をスリムに出来ます。 それから、ファクタリングは取り扱い手数料がかかりますが、融資ではありませんので現状は国の法律で規制されていないことに気をつける必要があります。 高い所では30パーセントも払うケースがあり、対比して取り扱い手数料が少なくて済むところを用いた方が望ましいです。

2社間と3社間の相違について

ファクタリングを活用する手法に、売掛先を通さなくてこと足りる2社間と、売掛先についても交渉に入れる3社間が存在します。 2社間の利点は売掛先に使用したことを知られずに、手続き自体も容易なことですが、取り扱い手数料が非常に高いのがデメリットになります。 審査によって事業の実績などのチェックをしていますが、そうは言っても絶対売掛債権に支払いが実施される保証はないといえます。こうしたリスクが高いため、取り扱い手数料を高くしています。 3社間で取り組む場合、売掛先も合わせて交渉を実施するため、払われないリスクを減らすことができ手数料が低くなるのがメリットになります。 5%以内、非常に低いところでは1%になるので、銀行において売掛債権を担保という形で融資を受けることになるよりも負担が小さいといえます。

企業が持っている売掛金をファクタリング会社が譲り受けて、売掛先の支払い期日より前に、売掛金を支払うシステムです。