どんな特約を付けるのがいい?弁護士特約は必要?

弁護士費用特約が便利

法律トラブルが起きた時、弁護士に依頼をすると解決してもらえます。しかし相談料がかかったり、依頼をした後にも費用が掛かります。自動車に乗っていてトラブルが発生した時は、基本的には保険会社が対応してくれます。そのため弁護士は必要ないと思うかもしれません。でもこちらに過失が全くない時、保険会社は対応できない決まりになっています。素人が保険会社と話をすると、保険会社の提示する金額で押し切られる可能性があります。弁護士費用特約を付けておけば、安心して弁護士に依頼ができます。損害賠償などでは自賠責基準、保険会社基準、弁護士基準があり、弁護士基準が最も高くなっています。より高い損害賠償を受けられるかもしれません。

個人賠償責任特約は必要か

自動車保険は自動車におけるトラブルに対応するための保険です。でも自動車以外のトラブルでも使える特約を付けられます。それが個人賠償責任特約です。通常の賠償責任は、自動車事故における損害賠償に対応してくれますが、個人賠償責任特約は、日常生活において発生した賠償責任に対応してもらえます。例えば、自転車に乗っていて相手にけがをさせた時、何も保険を持っていないと高額の損害賠償請求に対応できません。多くのケースにおいて家族に対応しているので、自分自身のトラブルだけでなく子供が相手をケガさせた時にも使えます。火災保険の特約にも個人賠償責任特約があるので、火災保険で既に入っているなら自動車保険で付ける必要はありません。

自動車保険には大きくわけて代理店型とネット型があります。前者は掛金は多少高めですが、事故対応は専任者が居り安心です。後者は掛金が安いのが一番の特徴です。事故対応は主に電話での対応となります。