相続トラブルを防止するために弁護士に相談しよう

家庭環境が複雑な場合には相続トラブルになりやすい

兄弟の仲が悪かったり、婚外子がいたりするなど家庭環境が複雑な場合、相続トラブルに発展する可能性があります。遺産をめぐって相続人同士が骨肉の争いを繰り広げるわけですね。遺産をどのように分けるかについては、話し合いで行われるのが原則ですが、家庭環境が複雑な場合には裁判で争われることになります。相続が「争続」と揶揄されているのは周知のとおりです。

相続人の数が多いと遺産分割協議が大変!?

相続人同士で遺産をどのように分けるかについての話し合いを遺産分割協議といいます。遺産分割協議は相続人全員で行わなければいけないので、1人でも欠けると無効になってしまいます。そういうわけで相続人の数が多いと遺産分割協議もなかなか進みません。また、相続人の数が多いと、相続登記や銀行の名義変更の手続きで必要な戸籍謄本などの書類集めも大変です。

相続問題を弁護士に相談するメリット

相続トラブルや遺産分割協議の問題は弁護士に相談することで回避することが可能です。

家庭環境が複雑な場合には、被相続人が亡くなる前に弁護士に相談して遺言書を作成しておけば、争いを避けることができます。素人が付け焼刃で作成した遺言書は、遺留分の問題でかえって争いの種になる可能性があるのでやめた方がいいでしょう。弁護士に相談しておけば、遺留分に配慮した遺言書を作成することができるので「争続」になることはありません。

相続人の数が多い場合には、それぞれが相続分を主張しだすと話し合いはなかなか進みません。そんなときに第三者である弁護士が間に入り話を整理することで、停滞していた話し合いがスムーズに進みだし、もめごとが解決することもあります。また、相続人全員分の戸籍謄本などの書類は弁護士がすべて集めてくれます。

弁護士保険mikataとは、様々なトラブル等を、弁護士に相談や依頼をした時に、発生する費用を保証する保険の事です。