あなたもなれる?!メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの仕事とは

メイクアップアーティストは日常的なメイク、舞台メイク、特殊メイクまで様々な知識と表現力が必要となる専門性の高い仕事です。雑誌、舞台、映画などのメディア、ファッションショーのバックステージ、結婚式場などで働く場合が多いです。様々な現場でクライアントの要望に合わせてメイクします。

免許はとる必要がある?

メイクアップアーティストになるために特に免許は必要ありませんが、メイクとヘアはセットで行う場合が多いので美容師免許を持つ方が多いです。

どうやったらなれるの?

美容専門学校に通い、メイクアップの基礎技術を学んでから現場で仕事を覚えていく方法と、最初からプロに弟子入りし、1から仕事を覚えていく方法があります。

専門学校はどこを選ぶ?

近年では美容専門学校でメイクアップの基礎を学ぶと同時に、美容師免許の取得を目指せる学校も増えています。美容師免許を持っていると、後々仕事がしやすいようです。説明会などに参加し講義内容、学費、講師陣、卒業生の動向などを確認してから学校を選択すると良いです。

メイクアップアーティストのやりがいは?

メイクアップアーティストはクライアントの要望をメイクで表現するセンスが必要です。様々な人と現場でコミュニケーションをとる能力も必要のため話術も欠かせません。現場に出てからが本当のスタートで、常に感性を磨き学び続ける必要があります。立ち仕事のため体力が必要ですが、様々な現場で作品を作る過程に参加でき、仕上げた時に達成感が味わえます。誰かを綺麗にしてあげることで感謝され、喜んでもらえることも多いやりがいのある仕事です。

メイクアップアーティストとして働きたいなら、専門学校で勉強する方法が適しています。メイクアップ技術のほかに、接客術や経営術なども学べます。